自動給餌器(エサやり)

猫を飼うと同時に自動給餌器の導入を決めた理由。

こんにちは。ムギンヌです。

我が家では、はじめて猫を飼うのと同時に、自動給餌器を使い始めました。

猫を飼うにあたって、たくさん悩みました。その中で、自動給餌器という存在を知り、エサやり問題という心配のひとつが消えたことにより、猫を飼うことに踏み切れました。

猫を飼いたいと思ってから現在までの、我が家の場合をちょこっと紹介です。

 

どこから出てきても、カリカリはカリカリ。
・・・順応力の高いコで助かりましたよ

 

猫を飼いたい!でも心配なのは…

現在、猫(ムギ)を飼って3年が経過します。

飼うことを決意するまで、だいぶ悩みました。私自身は、実家で猫を飼っていた経験はありましたが、田舎だったため、半野良状態のフリーダム飼いでした。今回は、もちろん完全室内飼いとなりますから、勝手がまったく違います。

自分たちのライフスタイルで、はたしてちゃんとその猫を幸せにしてあげられるのか。エサは?トイレは?保険は?と、心配事はたくさんありました。

なかでも不安だったのが、家族の帰宅時間が不規則だということ。つまり、餌をあげる時間が一定にできない可能性があるということでした。

 

(我が家にきた日のムギ。さすがにびくびくさんでした)

 

猫の餌やりについて調べてみると、猫の食事時間や回数は、その猫の性格や、飼い主家族の生活スタイルによって様々な様子。

朝晩2回のところもあれば、食べたいときに少しづつ食べられるようにと、常に餌を出しておいてあげる場合もあるとか。

猫を迎えてみないと分からないという不安がありました。

 

帰りが遅い日の夜ごはんはどうしよう

我が家は共働き世帯のため、ふたりとも帰りが遅くなってしまうことは多々あります。

帰宅は、早くても19時過ぎになります。朝は7時過ぎには家を出るので、通常であっても餌の間隔は12時間は空いてしまうことに。残業や、飲み会が入った場合など、それ以上遅くなる可能性はありました。

また、土日などはちょっとしたお出かけもしたいものです。日付が変わるまでには帰ってくるパターンがほとんどだけど、そのときはどうしよう…と。

猫はその日その日の予定変更なんて知る由もないですから、いつもの時間になってもエサが出てこなければ、「今日はなんでちっともご飯が出てこないんだろう…」と、ニャーニャー鳴き続けてしまって、近所迷惑にもなるのも不安でした。

 

【自動給餌器】という存在をはじめて知りました。

どうしたらよいか考えあぐねていたところ、【自動給餌器】という、強い味方があるということを知りました。

これまで周囲に猫飼いさんはたくさんいましたが、自動給餌器をつかっているという話は聞いたことがありませんでした。

それってやっぱりよくないからなのかなぁと、悩みましたが、結果として猫をお迎えするのとほぼ同時に自動給餌器を導入することに決めました。

幸い、我が家にやってきた猫は自動給餌器を怖がるタイプでもなかったため、基本的にすべてのエサやりを自動給餌器にお任せし、猫との生活を存分に楽しめています。

導入前にだいぶ悩み、いろいろレビューも読みあさったので、同じように情報を探し求めている方のお役に立てれば、本望です。^^

 

※現在使用している自動給餌器

ルスモ×2台…