自動給餌器・給水器

こんな自動給餌器出てたっけ?目新しい自動給餌器をまとめてみる【2019年初夏編】

こんにちわ、ムギンヌです

気が付かないうちにどんどん新しい製品が出ています。今回は、気になった製品を2つピックアップしてみますよー。全部使ってみたくなるー。

時代の流れに追いついていかないと
うん。情報収集大事!

 

どんどん増えていく自動給餌器たち…

こういうブログを書いている立場なので割とまめに検索している方だと思いますが、知らない間にどんどん商品が増えてるんですよね。

でもそういった新しい製品のほとんどがAmazonにしか情報がない…。(既存のモデルに酷似しまくってるタイプとかそのパターンが多いです)よくて海外のサイトがヒットしてくるぐらい。なので完全な新製品かどうかまでは追えない場合が多いです。

細かく突き詰めると何もできなくなるので、「最近見かけるようになったよね?」というくらいで「新製品」と判断しています。w

 

HoneyGuaridan  2WAY電源&1日6食設定可能

honeyguaridanという海外のメーカーから販売されている製品です。(リンク先のサイトに同じ商品が載っていないんですが一応ここであっているみたいです)サイトによれば自動給餌器や自動給餌器、ペット用のグルーミングブラシなどを扱ってる会社さんの様子。

これ、割と良さそうです。カメラやスマホ連携機能がついたハイスペックタイプではなく、自動給餌器としての基本機能を備えたミドルレンジモデルです。気になったスペックをあげてみますね。

 

電源コード・乾電池の2WAYタイプ

付属のアダプターを接続して電源コンセントタイプでも使えますし、単一乾電池によるコードレスタイプとしても使用できます。(例に挙げられている電池に不安を覚えるのですが)常に乾電池を入れておけば災害時など突然停電になってしまった場合でも安心です。

 

給餌回数は、6回/1日 (※最少給餌単位は不詳)

Amazonの商品説明文の日本語が不安定でいまいち正確な情報が分かりません…(;´・ω・)

【給餌量& 給餌時間 カスタマイズ設定】HG (HoneyGuaridan) 自動ペット給餌器は一食を1から80回へと分かれ、1回ずつの量は5-8 グラムとなる。ドライフードを最大3KG 入れられる。ステンレススチームお椀に最大0.6KGのフードを入れられる.この自動犬&猫 給餌器は1日当たり最多6食設定できる

一日に6回までというのは分かるんですが、「1回ずつの量は5-8 グラムとなる」という部分が不明… 5グラムなの?8グラムなの?誤差が3グラムあるよってこと? いくつかレビューを見てみたんですが給餌量について触れている方はおらず分かりません…

とりあえず6回設定できるのはとても優秀です。うちのルスモで3回。びすとろわんにゃんで4回なので、6回は便利です。

 

見やすいパネルと取り外しが可能なステンレスボウル ほか

パネルはシンプルですね。日本語表記はありませんがボタンの数も少ないのでそこまで複雑ではなさそう。青ライトアップとあるのでバックライト機能があると思って良さそうでしょうかね。ルスモはまったくつかないので暗い部屋でエラーの確認などをしたいときはちょっと不便です。

青ライトアップ LCDディスプレイ
HG (HoneyGuaridan)自動給餌器に高精度 LCD ディスプレイを装備し、給餌を的確にさせ、楽にさせる。一つ一つの給餌計画を4つのボダンだけで制御できる。たとえ取扱説明書を読まなくても簡単に設定できる。

フードボウルがステンレス製というのもまたポイント高いです。清潔に保ちやすく、割れたり変形しづらい。もちろん取り外せます。

他に気になったよさげなポイントはこちら。

最大3KGのドライフードが入る
録音機能あり(約10秒間)
最大1年保証つき

 

保証についての対応はメール連絡になるようです。海外メーカーみたいだけど日本語通じるのでしょうか…。また「2ヶ月以内に無条件の返品を承る。」という一文があったので、初期不良であれば交換してもらえるようです。まぁ、2か月で見つかる不具合って相当ですけどね。

 

 

Petfull 暗視機能付きカメラのハイスペックモデル

 

こちらはハイスペックタイプです。スマホ連携あり、webカメラあり、なんと10回までの給餌設定ができるお利口さんです。ふたが木目調になっているデザインが新しいですねー。販売されているオーエフティ―さんのサイトでも詳細が確認できますよ。

 

本体設定も、外出先からの操作も、スマホから簡単に

(HPからお借りしています)

 

wifiネットワークに本体を接続する事で、スマートフォンから簡単にご飯の時間と量を設定できます。外出先からでも操作が可能。インターネットに接続されていれば、いつでもフードのタイマーを設定できます。

使ったことがないのであれなんですが、スマホ連携タイプって本体の操作はほぼしないんですね。給餌回数の設定も全部スマホから。便利ですねぇ…機種変とか故障とかのときは大丈夫なのかとも思ったりしますが。まぁレアですかね。

 

給餌回数:10回/1日  最少給餌単位:9グラム

                 (画像はHPからお借りしています)

 

10回は便利です。我が家のような食いしん坊猫には、多回数で対抗するしかないんですよね… 回数を増やしたいという意味合いで、現在2台使いしていますが、1台で済めば楽だよなぁ。

 

暗視機能付きの広角HDカメラ搭載

(画像はHPからお借りしています)

 

110度というかなりな広角です。真正面から食べている時以外でも映り込んでくれそうです。また、暗い部屋や夜でも確認可能な「暗視機能付き」カメラが搭載されています。カメラがあっても明るいときしか見えない場合も多いですから、webカメラも欲しいと思ってる人には一石二鳥モデル。

リアルタイムの音声とビデオ
リアルタイムの音声とビデオ、どこででも使用でき、オンラインで複数人で接続できます。また、ワンクリック共有でいつでも写真を保存できます。

リアルタイムの映像をみんなで見られるっていいですねー。単純に楽しい。

電源コンセントと乾電池の2WAYタイプ
本体背面にあるフック穴で壁掛けにも
双方向対話が可能なマイク

壁掛けできるってすごいですよね。いたずら(転倒)防止ということらしいです。これって、ちょっと高めに設定すれば、高い位置でのエサやりも可能ってことですよね。単に高さのある台に載せるだけだと不安なので後ろで固定できたらとてもいいかも。

 

 

 

気になったニューフェイスいろいろ

以降はどどーんと紹介。気になったら方はのぞいてみてくださーい。

 

以上、新製品ウォッチャーでした!
カリカリの新製品もみつけてよー
あなたは痩せるまで療法食です…

 

ムギのごはんはこちら↓

【療法食】 ロイヤルカナン キャットフード 満腹感サポート 3.5kg

【療法食】 ロイヤルカナン キャットフード 満腹感サポート 3.5kg

5,458円(11/12 19:16時点)
Amazonの情報を掲載しています