自動給餌器(エサやり)

缶詰派(ウェット)の猫に使える自動給餌器は?パカッと開く蓋つき餌やり器で時間通りのご飯タイムを。

こんにちわ。ムギンヌです。

我が家のムギはカリカリメインですが、缶詰がメインの猫もたくさんいますよね。お留守番してもらうときに、時間設定で蓋が開くタイプの餌やり器が便利です。

ちょっと遅くなるときに、夜ごはんが遅くなっちゃうのがかわいそうだな、なんて軽いお出かけにはパカパカ型の自動給餌器があると安心ですよ。

パカパカ型は、割とお手頃価格なので、たまに使いたいだけ、ちょっと使ってみようかな?という方にもおすすめです。

 

自動餌やり器ってそんなに種類があるの?

最初に断っておきますが、ジャンルごとの正式名称は存在していません。(たぶん)わたくしムギンヌによる、超個人的なジャンル名称です。

というわけで、自動給餌器は、大きく4つのタイプにわけられます。

 

ふたが開くタイプ(ウェット可) パカパカ型

回転型(4食分~6食分)

大容量タンクタイプ(ドライ専用) 大容量タンク型
補充(別名:食べ放題型)

 

あわせて読みたい
猫の餌やり、みんなどうしてる?自動でエサやりできる機械があるって本当?自動給餌器の基礎知識。こんにちわ。ムギンヌです。 みなさん、【自動給餌器】って、聞いたことありますか。「ジドウキュウジキ」と読みます。「自動餌やり機(器...

 

ちなみに、我が家のムギが愛用しているルスモは「大容量タンク型」です。

あわせて読みたい
自動給餌器『ルスモ』ユーザーレビュー。【仕様について&決めた理由編】こんにちわ。ムギンヌです。 我が家では、猫を飼い始めてすぐに自動給餌器を使い始めました。 いろいろ悩んで、選んだのは『綾鷹』...

 

パカパカ型は、缶詰派、毎日は使わない派におすすめ

ウェットフードをあげたい、毎日は使わないから高いものは要らない、といった場合には、パカパカ型がお勧めです。平日帰りが遅くなる日だけ、とかちょっと遠出するときだけ、という時は何食分もいらないですもんね。

 

パカパカ型:一番シンプルな1食分タイプ

平日は帰りが遅いので、夜ご飯の分だけセットしておいてあげたい、というような使い方ができます。場所も取らないので床に置いてあっても邪魔ではなさそうでう。

 

WOPet (参考価格:1,980円)

丸いタイマーを回して時間を設定します。製品によっては、「ジー…」という音が気になる製品もあるようですが、こちらは大きなタイマー音はしないようです。

自分たちが在宅中でも気にならなそうですね。

 

タイマーは最大48時間。約2時間単位で設定できます。

食器部分は取り外しができるので、水洗いOK!

電池は別途購入

(Amazon紹介ページより引用)

 

食器皿の下に、保冷剤を入れて置けるスペースあり。小さ目なので気休め程度かもしれませんが、無いより安心かな。

※青い袋が保冷材

 

カラバリ豊富なのも嬉しいところですね。

 

 

先程の、「WOpet」商品と、ほぼほぼ同じでしょうか。ちょっとこちらのがお値段高めですね。デザインはこちらの方がすっきりしていて私好みです。保冷剤が入るところといい、ベースは一緒のようですね。

 

ボウルに食べ物を入れる(乾いて湿った食べ物と水は大丈夫)。

タイマーを設定すると、48時間以内に1食を設定できます。

(Amazon商品ページより引用)

 

 

パカパカ型:安心の2食分タイプ(アナログ)

2食分になると、タイマーがアナログのものと、デジタルのものが出てきます。まずは手ごろなアナログタイプからご紹介。

 

ペットセーフ (参考価格:4,000円~6,000円)

 

シンプルなアナログ2食分タイプです。派手なデザインでもないので部屋に置いてあっても気にならなそうです。

 

48時間後までのお好きな時間に設定できます。

ダイヤル式のタイマーで、操作はとても簡単です。

フードトレイは取り外して洗うことができます。

トレーには約150gのドライフードが入ります。

(Amazon商品ページより引用)

 

保冷剤をセットすることも可能なようです。付属してはこないようですが、これくらいのサイズの保冷材はよく貰いますし、100均でも売ってるので問題なさそうです。

効果のほどは気持ち程度だと思いますが、ウェットフードを使う場合は、安心ですね。

※お皿の下に保冷剤が入るスペースあり

 

WOPet (参考価格:2,980円)

安定のWopetですね。Amazonのページの日本語はちょっと怪しいですが(笑)良レビューも多いので問題なさそうです。

 

48時間、2回分を独立していつでも食事時間のタイマーセットが可能、

1回あたりの容量は1.5カップ!

【デザインにオシャレ】:当店のスペシャル自動給餌器、

オシャレなデザインになりますので、ご上品な家具と相応しいです。

(Amazon紹介ページより引用)

 

こちらも1食分と同じく、黒以外にもカラー展開がありますよ。

 

 

パカパカ型:安心の2食分タイプ(デジタル)

回すだけのタイマーは不安、という場合は、デジタルを選ぶのもありです。少し価格は上がってしまいますが、しっかり時間設定ができるので安心です。

 

ペットセーフ  (参考価格:7,500円~11,756円)

 

 

「〇曜日の〇時〇分」など細かく時間を設定することができます。

毎日同じ時間にフタが開く「毎日」モードもあります。

(Amazon商品ページより引用)

 

デジタルは分かりやすくていいですね。「夜のご飯は、いまから何時間後だから、えーっと…」というの慣れるまで手こずりそうです。

 

ペットセーフ バージョン2 (参考価格:7,500円~9,342円)

 

「ペットセーフ」から発売されている自動給餌器の第2弾です。一番の違いは、ふたの構造。ひっかかる部分が無いので、賢い子が開けてしまうのを防げるようです。

 

ペットにはフタを開けられない安心の設計を採用

従来のペットセーフ「おるすばんフィーダー」シリーズ製品とは異なる製品設計が採用され、とても賢いペットがフタを叩いたりしてもフタが開くことはありません。

しっかりと確実に食事量のコントロールもできます。

(Amzon商品ページより引用)

本体カラーもネイビーになり、スタイリッシュになった感じですね。ふたを開けてしまう可能性があまりなければ、好きな色の方でもよさそうです。

 

わんにゃんぐるめ (参考価格:4,978円~10,584円)

 

正直、デザインはまったく好みではないんですが。(汗)

ふたの開き方が、唯一シャッター型というのがポイントです。他の製品はどれもパカッと上に開くので、びっくりしちゃう猫もいると思うんですよね。上にスペースがない場所でも置けるのでニッチなニーズはありそうです。

フードクーラーもありますしね。缶詰派には安心。

 

・2つのタイマーはそれぞれ48時間まで設定可能

・ウェット、ドライタイプどちらでもOK

・一目で動作が確認できるモアレ模様の秒輪付

・専用フードクーラー付き

・本体とタイマー部が取り外し可能  (ワンタッチで電池交換)

・1食分でドライフード約165gセット可能

・設置場所を選ばない電池式

公式HPより引用)

 

ロングセラー商品だけあって、ペット用品店でもよくみかけます。実物を見て買いたいという場合には、2,3軒回れば巡り合えるのではと思いますよ。

 

パカパカ型の自動給餌器、まとめ

ちゃんと調べてみると、どれもみんな保冷剤がセットできるんですね。きちんと保冷剤をセットし、室温や直射日光などに注意してあげれば、缶詰での使用も問題なさそうです。

缶詰派の猫にも快適なお留守番生活になるようにいろいろ試行錯誤してあげたいですね!