旅行中の猫のお留守番。ペットシッターを利用しました①

こんにちわ。ムギンヌです。(・∀・)

『猫を飼うと旅行にいくのは難しい』

これ、よく言われますよね。我が家も旅行が大好きだったので、ムギ(猫)を迎えるまで気がかりでした。でも、ちゃんと準備をしてあげれば旅行も出来ましたよ。今回は、3泊4日の長旅の時に、ペットシッターをお願いしたお話です。

スポンサーリンク
Sponsored Links

うちの猫のお留守番事情

ムギは、お迎え当時推定3歳の成猫で、特に持病もなし。慣れてくれるまで人並み(猫並み?)に時間はかかりましたが、食いしん坊ゆえに自動給餌器にはすぐに慣れ、モリモリ餌を食べてくれて、人間が帰ってくると、あくびをしながら迎えに出てきてくれるようになりました。(笑)

そんな調子でしたので、しばらくして1泊2日のお留守番から挑戦。自動給餌器を毎日使っているのもあり、粗相もなく、上手にお留守番してくれました。

そして1泊2日が余裕になったころにちょっと遠出の旅行を計画。さすがに猫だけでは心配なので、ペットシッターをお願いすることにしました。

ペットシッターを頼むにあたっての不安

今回ペットシッターを利用するかどうか、だいぶ悩みました。実を言うと、夫は反対でした。やはり不在時に他人を家に入れる、他人に家の鍵を預ける、というのは防犯上どうなのかと。このご時世に、他人をどこまで信用するか、悩ましいですよね…。

ペットシッターがらみの犯罪やトラブルはおこっていないのか、ネットでたくさん調べました。現に、ペットシッターという単語を検索すると、それに続く検索ワードは「トラブル」という言葉がすぐにあがってきます。みんな不安なんですよね。。でも意外とトラブルの話は出てこないんです。確かに、口コミとかネットの評判とか、あっという間に広がりますから、悪いことすれば自分の商売に影響がでますもんね。わざわざ悪いことをする人も少ない(?)のかもしれません。

それでも夫はペットホテルの方が良いのでは、と言っていましたが、近くのペットホテルを調べると、ほとんどの場合が狭いケージに入れられて一日中過ごすことになるようで…。我が家ではケージはまったく使っていないので、一日中家の中を自由に居られている猫が、知らない人に囲まれて4日間もケージ生活というのはどうしても可哀想に思えました。

家の中に監視カメラをつけるわけにもいかないですし、結局のところ信頼関係ですよね。そういう関係性が築けそうだと思える人を探そう、少しでも不安なら、ペットホテルを検討しようということでペットシッターを探すことにしました。

結果的には、この人ならと思える人に出会えたのでペットシッターを利用することになりました。

まず一番に確認するのは、留守番の日程

ペットシッターを依頼するにはまず日程です。シッティングに来る人の都合がつかなければどうにもならないので、早めに決める必要があります。

旅行の日にちだけなのか、前後までなのか、サービスを利用する時間を明確にしないといけません。我が家の旅行は、3泊4日を予定。(渡航先は海外です)1日目は、早朝に出発して、帰りは、4日目の23時頃。遅くなるかもしれないので、最終日も来てもらうことにして、都合4日間ということになりました。

ちなみに長いお留守番なので、旅行時期は真夏や真冬は避けて11月にしました。空調の心配をしなくて済んだので良い時期だったと思います。

ペットシッターの探し方

残念ながら、友人知人でペットシッターをしているひとはいなかったので、ネットで探しました。『 ペットシッター  +  猫  + エリア名 』と検索しました。思ったより多くヒットしてすこしびっくり。※私は神奈川県東部地域です

ペットシッターを探すと、やはり目立つのは犬専門のシッターでした。猫はまだまだお願いするひとが少ないんでしょうかね。「犬がメインですが、猫も大丈夫です」というスタンスが多かったですが、動物全般OKというところもありました。(亀とか小鳥とかハムスターとか)

ペットシッターの料金体制

犬は大型、小型とで料金形態が変わるようですが、猫はすべて一緒。頭数によって加算というスタイルが多いようです。地域によって相場があるのか、私が探していた範囲のお店では(6軒)だいたい下記のような料金体制でした。

お世話の時間 40分~50分
登録料 1,000円前後
猫 2匹まで 2,000円~2,800円
  1匹追加ごとに 上記プラス 500円~600円
交通費 xxキロまで○○円というかたち
公共交通機関を使った移動費、高速代などを実費精算

自分たちが、どこまで出せるか、また、その価格でどこまで信頼出来るか、という判断が重要ですね。高いから安心と思うか、値段は関係ないと判断するか、少しでも安い方が良いと考えるか、それぞれですね。

ペットシッターに何をしてもらいたいか

犬の場合は、散歩の有り無しなどありますが、猫の場合は基本的には、餌やりとトイレの片づけですね。うちの場合、エサヤリは自動給餌器がしてくれますので、シッターさんにお願いしたかったことはこれくらい。
1.トイレの片付け
2.水の交換
3.遊び相手になってもらう

淋しい思いをさせるのも気がかりだったので、3番が割と重要でした。とはいっても、会ってすぐの他人で、しかもたった4日間なので、気晴らしになるほど慣れてくれのか、そもそも顔を出すのかどうか…という話しなんですが。※実際シッティングをお願いしてみて、この心配がまったくの杞憂だったことが判明するんですが、これはその②で書きますね。(笑)

付加サービスとしてお庭に水撒きとか、ポスト内の郵便物の回収とか、お願いできるところもあるようですが、我が家は「シッターに来ている間だけ、シャッターをあけて換気」ということだけお願いしたいなと思っていました。ですので、特別なことを依頼できるところが良いという希望はありませんでした。

ペットシッターをどう選ぶか

あまりなくても困りますが、たくさん見つかっても逆に悩むものなんですよね。料金はもちろん、経営形態もいろいろでどんな基準で選んだら良いか悩みます。「動物が好きです!」ということは分かるのですが、それ以上どんな部分をみたらいいのでしょうか。

資格を持っているか

ペットシッターをビジネスとして行うためには、環境省が定めている「動物取扱業登録」が必要だそうです。これは最低限マストです。HPに記載があるか必ず確認が必要ですね。きちんとした登録もなく、単に「動物が好きだから」という軽い気持ちではじめてしまっている方も居ないとは言い切れませんので…。そのほかに、動物看護士の資格を持っている方もいらっしゃるので、そういった資格の有無で選ぶのも安心感につながるかもしれません。

どういう経営のお店か

調べてみるまで、ペットシッターはみんな個人かと思っていたんですが、たくさんの登録シッターがいる大きな業者もあるんですね。個人事業レベルでも、違いはあるようです。

フランチャイズ化されていて、登録されているシッターが派遣されるタイプ
ある程度大手であれば、信用出来るとひとを雇っているだろうから安心かなとは思いました。何かあっても責任を取ってくれるであろう規模。でも、会社の評判は分かっても、個々のシッターさんのことは分からないのが不安でした。もちろんしっかりした方もいらっしゃると思うのですが。「ペットシッター+求人」と検索すると山ほど求人が出てきます。登録ペットシッターになるのに、あまりハードルが高くなさそうなのが不安で。。

代表のシッターがいて、そこに複数のシッターが一緒に働いているタイプ
このタイプが結構目立ちました。ホームページから、代表者の方の動物への熱い思いが伝わってくると、「この人ならいいかな」と思えるんですが。よくよく調べると、地域や担当動物によっては別のシッターさんが担当になるようなんですよね。そして、その人の情報はほんの数行の自己紹介のみだったりして。。正直、その代表者とと同じ信念で働いているかどうかわかりませんし、1の登録シッターさんと変わらないかなと思いました。

シッターは自分ひとり、(もしくはご夫婦)という完全個人型

自分ひとりでされている方も多くいらっしゃるようです。検索した中にはご夫婦でやられている方もいらしてそれもありだなと思いました。お店の看板を背負ってやっているわけですから責任の感じ方は、登録しているだけという方とはまた違いますよね。

我が家の選んだ基準は?

いろいろ悩んだんですが、譲れない条件から消去法で決めていきましたよ。

条件1.個人経営のペットシッター

信頼関係が築けるひと、ということで一対一でやり取りできる人を希望しました。お店の看板背負って自分でやっている方の方が、信頼しやすいと感じました。悪いことをすれば、そのまま自分の経営に跳ね返ってきますしね。自分のためにも、悪いことはしづらいだろうと思ったからです。ただ、何か責任問題が発生したとき、個人相手では心配かなとも思いましたが、信頼できる人がいい、いうことを優先しました。
<

条件2.猫専門、もしくは小動物含むような動物専門のペットシッター

みなさんプロですから大丈夫だとは思うんですが、やはりお願いするなら猫専門、猫が好き、とりわけ、自分でも猫を飼っている、という人にお願いしたいなと思いました。猫に慣れている方がムギ(猫)も懐きやすいでしょうし。自分たちとも感覚が合うかなと。

条件3.我が家から近い

移動距離がかかると交通費もかかります。また、何かトラブルがあったとき(交通機関のまひとか天変地異とか)駆けつけてもらうことが物理的に難しいかもしれないからです。実際、近い人の方が土地勘もあるので、かかりつけの病院へ連れていくことになった場合も安心だと思いました。

ペットシッターを利用するまで、のまとめ。

旅行の日程が決まると同時に、ペットシッターを探し始めました。私たちは連休や年末年始、土日等ではなかったので予約は取りやすかったと思いますがが、みんなが必要となるお休みの時期は、予約はすぐに埋まってしまいます。この人にお願いしたい!と思っても予定があいてなければどうにもなりませんので、早めに動くのが吉です。次の記事では実際に利用してどうだったのかまとめてみますね。

旅行中の猫のお留守番。ペットシッターを利用しました②
旅行中の猫のお留守番。猫のペットシッターを利用しました。3泊4日の長期でしたが上手にお留守番してもらえました!実際に利用した体験談@神奈川県です。~申込みから事前打ち合わせまでの流れ~

ほかのブログも読んでみる?
にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへにほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ

スポンサーリンク
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

フォローする