ペットシッター体験記

【猫のペットシッター体験記②】ペットシッターをどう選ぶか。選ぶ前に考えておくことは?我が家が選んだ基準は?体験レポ。

こんにちわ。ムギンヌです。

3泊4日の海外旅行に行った際に、ペットシッターを依頼することにした我が家ですが。

続く②では、候補にあがるたくさんのシッターサービスから、自分たちの希望にあったシッターさんを見つけるまでをまとめてみました。

 

まずは、依頼する日程を確定させておく

ペットシッターを探す前に考えておきたいこと、それはとにもかくにもまず日程です。

このひと!と決めても、日程的に先方の都合がつかなければどうにもならないので、早めに決めて打診する必要があります。シッターを探し出して、よさそうな人が見つかった時に、すぐに問い合わせができるようにあらかじめ確定させておきましょう。

旅行の日にちだけなのか、前後までなのか、サービスを利用する時間を明確にしないといけません。はっきりと決まってない段階なら、ざっくり何月の何周目、という感じで押さえてもらうのもありだと思います。

 

旅行の時期が決まったらすぐに予約できるように準備

我が家の旅行期間は3泊4日。日にちまで決まっている段階で探し始めました。

1日目は、早朝に出発して、帰りは、4日目の22時頃。遅くなるかもしれないので、最終日も来てもらうことにして、都合4日で予約することに決めました。

ちなみに長いお留守番になるので、真夏や真冬は避けて11月の旅行にしました。空調の心配をしなくて済んだので良い時期だったと思います。

 

どんなことを依頼したいのかまとめておく

日程の確認と合わせて、どんなことをお願いしたいかまとめておくのも重要です。

お願いしたいことをやってくれる(=業務範囲内である)シッターさんでなければ、よさそうだなと思っても、意味がありません。

まぁ、基本的には、餌やり(水)とトイレの片づけだと思いますが…。我が家の場合は、餌やりは自動給餌器がしてくれますので、シッターさんにお願いしたかったことはこの3つでした。

  1.  トイレの片付け
  2.  水の交換
  3.  遊び相手になってもらう

淋しい思いをさせるのも気がかりだったので、③の「遊び相手になってもらう」というのが、割と重要でした。とはいっても、会ってすぐの他人で、しかもたった4日間なので、気晴らしになるほど慣れてくれのか、そもそも顔を出すのかどうか…という話しなんですが。

※実際シッティングをお願いしてみて、この心配がまったくの杞憂だったことが判明するんですが、これはその③で書きますね。(笑)

 

投薬や特別なケアが必要な場合は事前に相談

持病があったりして、お薬をあげる必要がある猫もいるかもしれません。ご飯に混ぜるだけ、という簡単なものであれば問題ないのかもしれませんが、シッターさんによっては、日受けないケースもあるかもしれないので、

動物看護士等、資格を持っている方であれば、より安心できるのでそういう基準で探すのもありかもしれません。

 

 

猫のお世話以外の用事を頼める場合も

付加サービスとして、お庭の水撒きとか、ポスト内の郵便物の回収とか、お願いできるところもあるようです。猫のケア以外もお願いできた方が助かる、という要望があればそれも選択基準になりますね。

我が家は「シッターに来ている間だけ、窓をあけて換気してほしい」くらいしか考えていませんでしたので、特別なことを依頼できるところが良いという希望はありませんでした。

 

ペットシッターをどう選ぶか

日程、お願いしたいことの確認ができたら、いよいよシッターさんの選択です。

あまりなくても困りますが、たくさん見つかっても逆に悩むものなんですよね。料金はもちろん、経営形態もいろいろでどんな基準で選んだら良いか悩ましくて…

HPやブログを見ると、みなさん「動物が好き!」ということは伝わってきます。でも、ある意味それは当然といえば当然で。(笑)それ以外にどんな部分で判断したらいいのか、悩んだ末に、我が家はこんなところを見ました。

 

資格を持っていることが大前提

ペットシッターをビジネスとして行うためには、環境省が定めている「動物取扱業登録」が必要だそうです。これは最低限マストです。

HPに記載があるか必ず確認が必要です。きちんとした登録もなく、単に「動物が好きだから」という軽い気持ちではじめてしまっている方も居ないとは言い切れませんので…

そのほかに、動物看護士の資格を持っている方もいらしたりするので、そういった資格の有無で選ぶのも安心感につながるかもしれません。

 

経営形態を確認

今回調べてみるまで、ペットシッターはみんな個人かと思っていました。

でも、たくさんの登録シッターがいる大きな業者が幾つもあって驚きました。また、個人事業レベルでも、店によっていろいろ違いがあることも発見。

形態としては大きくわけて以下の3つのようです。

 

1.フランチャイズタイプ=登録シッターを派遣

たくさんのシッターさんが登録されている業者がいくつかありました。

ある程度大手であれば、信用出来るとひとを雇っているだろうから安心かなとは思いました。何かあっても責任を取ってくれるであろう規模というのは安心できる材料かもしれません。

でも、会社の評判は分かっても、個々のシッターさんのことが分からないのが不安でした。もちろんしっかりした方もいらっしゃると思うのですが、「ペットシッター+求人」と検索すると山ほど求人が出てくるんですよね…

登録ペットシッターになるのに、あまりハードルが高くなさそうなのが不安で。。(きちんとされている方には本当申し訳ない話なのですが)

 

2.代表シッター+複数の所属シッターで運営

このタイプが結構目立ちました。

大手ではなくても、どこもホームページはきちんとされていて、代表者の方の動物への熱い思いが伝わってくる感じ。「この人ならいいかな」と思えるシッターさんが多かったです。

でも、よくよく調べると、地域や担当動物によっては別のシッターさんが担当になるようなんですよね。まぁ、そのための所属シッターさんなんでしょうが。

じゃぁ、どんなシッターさんなのかな?と思っても、その人の情報は、ほんの数行の自己紹介のみだったりして、まったく情報が読み取れない場合がほとんどでした。

こう言っちゃ失礼かもしれませんが、その代表者と同じほどの強い信念を持って働いているかどうかはわかりませんよね…

際派遣されるシッターさんの素性が分からない点では、1.の登録シッターさんと変わらないと感じました。

 

3.シッターはひとり(もしくはご夫婦)という完全個人型

完全に個人経営というシッターさんも多くいらっしゃいました。中にはご夫婦でやられている方も。それもありだなと思いました。

個人ですので、HPは、正直プロっぽさがなくてどうかな…という印象のケースも多かったんですが。

一人でやられているということは、まさにお店の看板を背負ってやっている(=生活がかっている)わけですから、こういっては何ですが、責任の感じ方は、登録しているだけという方とは違って当然ですよね。

 

我が家の選んだ基準は?

いろいろ悩んだんですが、譲れない条件から消去法で決めていきましたよ。

 

条件1.個人経営のペットシッター

1対1でやり取りできる人を希望しました。

あくまで我が家の場合ですが、お店の看板を背負って個人でやっている方のほうが、信頼関係が築きやすそうと感じました。悪いことをすれば、そのまま自分の経営(生活)に跳ね返ってきますしね。自分のためにも、悪いことはしづらいだろうと思ったからです。

ただ、何か責任問題が発生したとき、個人相手では心配かなとも思いましたが、信頼できる人を、ということを優先しました。

 

条件2.猫専門、もしくは動物全般のペットシッター

みなさんプロですから大丈夫だとは思うんですが、やはりお願いするなら猫専門、猫が好き、とりわけ、自分でも猫を飼っている、という人にお願いしたいなと思いました。

猫に慣れている方がムギも懐きやすいでしょうし。自分たちとも感覚が合うかなと。

 

条件3.我が家から近い

移動距離がかかると交通費もかかります。また、何かトラブルがあったとき(交通機関のまひとか天変地異とか)駆けつけてもらうことが物理的に難しいかもしれないからです。

実際、近い人の方が土地勘もあるので、かかりつけの病院へ連れていくことになった場合も安心だと思いました。

 

依頼するペットシッターを決定!

最終的には、二か所で悩み、結局は動物看護士の経験のあるシッターさんを選びました。少しでも信頼できる要素が欲しかったという感じです。

依頼したいこと、日程などをまとめてありましたので、すぐに問い合わせを入れ、日程を抑えておくことができました!

問い合わせ、申し込みの流れは、続く③で!

 

 

あわせて読みたい
【猫のペットシッター体験記③】ペットシッターレポ。自宅でのお世話を依頼。申込みの流れは?事前打ち合わせってなに?体験レポ。こんにちは。ムギンヌです。 「ペットシッターさんに愛猫のお世話をお願いして海外旅行へ行ってきました。シリーズ」です。ペットホテルと...

 

ほかのブログも読んでみる?
にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへにほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ