旅行中の猫のお留守番。ペットシッターを利用しました②

こんにちは。ムギンヌです。(・∀・)

ペットシッターさんに愛猫のお世話をお願いして海外旅行へ行ってきました。①では、見つけるまでを書きましたが、こちらはその続きです。ムギの運命やいかに。

スポンサーリンク
Sponsored Links

ペットシッターの依頼の流れ

ペットシッターを探すまでの経緯はこちらをどうぞ。

旅行中の猫のお留守番。ペットシッターを利用しました①
旅行中の猫のお留守番。猫のペットシッターを利用しました。3泊4日の長期でしたが上手にお留守番してもらえました!実際に利用した体験談@神奈川県です。~ペットシッターの探し方と我が家が選んだ基準について~

我が家が利用したところではこんな感じでした。どこもそんなに変わらないようですが…一応まとめてみます。

申し込み(メールフォーム)
事前打ち合わせ
料金の支払い @事前打ち合わせ
猫との対面 @事前打ち合わせ
依頼する世話の説明(餌・水・トイレの場所) @事前打ち合わせ
鍵を預ける @事前打ち合わせ
シッティング当日
鍵の返却
シッティングを依頼するのが2度目以降の場合などは、事前打ち合わせは省略されることが多いようです。鍵の受け渡しについても、定期的に利用されている方などは、鍵を預けっぱなしにしてたりもするそうです。すごい信頼関係ですよねぇ。

ペットシッターの申し込み

お願いするシッターさんを決めたら、希望の日時を伝えて申し込みます。ほとんどのところがメールフォームでの問い合わせとなるようです。我が家がお願いしたところもメール。

我が家の場合、エリアが微妙だったので所在地的にOKかどうかの確認も込めて申し込みました。お願いしたところは完全に個人で経営されているところだったので、半日後くらいに返信がきました。

対応可能エリアかつ、日程も空きがあるということでひと安心。支払いはまだですので、確定ではないですが、この申し込みの時点で日程は押さえてくれるようです。

シッティングに来ていただく日程がOKとなったところで、事前打ち合わせの日にちを決めます。お互い都合の良い日を出し合って決めました。

当日前の事前打ち合わせ

知らない人に来てもらうということに割とビビッていたのですが、ホームページで顔写真を載せていた方だったので、そこまで構えたりしないですみました。やはり顔を公開されている方の方が信用できるように思います。

基本的に、シッティングの前には事前打ち合わせが必須です。お互いの顔合わせ、現地の確認、シッティングの対象(猫)に1度も会わない状態では、お仕事を引き受ける側も不安ですもんね。

逆を言えば、突発でペットシッターをお願いしたくなっても、打ち合わせの時間が取れないとお願いすることはできません。一度利用していれば、都度都度の打ち合わせは不要の場合が多いようなので、信頼出来る方とのシッティングの実績があると飼い主側に何かあったとき安心ですね。

ちなみに、私が利用したところでは、お試しシッティングというプランの設定もありました。『会ったこともない相手にいきなり依頼するのは不安ですよね』ということのようです。お会いしてみてからお断りするというのもなかなか強いハートが必要な気がしますが、心配な方はそういうサービスを利用するのも良いですね。

料金のお支払い

打ち合わせでは、まずはサービス内容の確認をします。免責事項などの注意事項の説明をうけ、了解しましたということで、料金のお支払いです。

ちなみに、その方は車移動だったのですが、駐車スペースがあるかどうか事前に確認されていました。敷地内に車が止められない場合は近くのコインパーキング等を利用することになり、その分の駐車料金がシッティング料金に上乗せされるかたちのようです。

料金については、おおむね想定していたとおりでしたが、この打ち合わせの分の交通費と鍵の返却に来てもらう際の交通費を考えていなかったので、想定より少しだけ値上がり。細かいなとも思いますが、きっちり含めてくれているおかげで、良い意味で、『ビジネスだから』と安心していろいろお願いできました。シッティング全体にかかった総額は最後にまとめますね。

シッティングの対象(=猫)と対面

実はうちのムギ、あまりお客様に会ったとがありませんでした。我が家に来たばかりのころ、『実家では猫を飼ってる猫好きだけど、いまの家では犬を飼っている』という友人が来た時は、全然寄ってこなくて、抱っこもさせてくれなかったんですよね…。その時は、まだ完全に我が家に慣れてなかったのかもしれませんが。。あれから半年以上経ってるのでどうかなと思いつつも一抹の不安。

そんなムギなんですが。普段は人間が家にいれば、ずっとそばに居たがるタイプに育っておりましたので、当然シッターさんがきたときもそばにきました。でも、『なんか知らない人いるし…』という軽い緊張感とともに。

でも興味はあるようで、私たちが打ち合わせをしてしばらくすると、シッターさんのカバンをすんすん嗅ぎ始めました。ひとしきり嗅いで、納得できたのか、我々の近くでぺたりと寝転がる。おぉぉ、と思わず感心。以前友人が来た時は、自分からはここまで寄ってこなくて、友人は嘆きながら帰ったんですが。

その方も猫専門ではないので、いろんな動物の臭いはすると思うんですけどね。長年、動物看護士をされてたというので、やはり大事にしてくれそうなひとは分かるのかしらと我々はひと安心でした。ここで逃げ隠れされたらやっぱ不安ですよね…

トイレや餌やりの場所の説明

お支払いが済んだら、シッティング当日のシミュレーションです。餌、お水、トイレの場所を案内。シッターさんはお世話用のカルテに書き込みながら確認してくれます。

我が家はそれらがすべて2階にあるので、階段を登ろうとすると、『あ、餌ですね?』と期待に満ちた顔で自動給餌器の場所まで先導するムギ。いまはあげません…

トイレなどの場所のほか、締め切っておく部屋、開けておく部屋など、軽く説明はしましたが、当日はメモを貼っておくようにしました。

鍵を預ける

ひとしきり説明をおえて鍵をお渡しします。個人情報?ですからね。鍵の『預かり証』を書いていただき、お預けします。スペアキーでまったく使っていなかったので、実際に玄関で開け閉めしてもらいました。当日開かなかったら大変ですからね…

鍵の返却については、我が家の場合、スペアキーですぐに使う予定はなかったため、シッティング終了後、近くにこられた時に返却していただくことにしました。

事前打ち合わせ終了

不安な点、疑問点などすべて解消できたら、打ち合わせは終了。シッティングの日にちを再度確認しておしまい。次はもうシッティング当日です。実際お話しみて、ホームページに書かれていた「動物への思い」が本当なんだなと感じられる方でしたので、大丈夫そうだと思えましたのでこちらも特に不安はありませんでした。

で、ムギはというと。シッターさんと私たちが玄関に向かおうとして廊下に出ると、くつろいでいたムギがいきなり立ち上がり、2階への階段を登りだしまして。階段と玄関は反対方向。着いてきていない我々に気づき、数段登った段階で立ち止まる。『あ、餌の場所は、そっちじゃなくて、こちらですよ?』と誘導するような顔をしてこちらを見るムギ。

『(我ら)もう場所は分かってるから!』『(シッターさん)もう聞いたから大丈夫よ~』と全員にツッコまれ、和やかに終了しました。(笑)

事前打ち合わせまでのまとめ

やはり一番心配だったのは猫の反応でした。もともと臆病で逃げ隠れしちゃう子ではなかったのですが、思ったより近づけたのでホッとしました。ペットシッターの素質があるかどうかは、初対面の動物に好かれるかどうかのように思います。好かれないシッターさんもいるのでしょうか…

以前に、神田うのがベビーシッターから盗難の被害にあったことがニュースになりましたよね。信頼してたのに、と言っていましたが。。盗難で済むならまだしも、大事なペットが虐待されたりとかしたらたまりませんよね…

お願いしたシッターさんは真面目そうな方でしたが、やはり見た目の雰囲気もありますよね。どんな人かなんて結局わからないわけで…信じるしかありません。信じるに足る真摯さを伝えなければお客はつかないんだろうなとしみじみ思いました。

長くなってしまったのでシッティング当日のことは続く③で!

↓ほかのブログも読んでみる?
にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへにほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ

スポンサーリンク
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

フォローする