自動給餌器(エサやり)

【気になる新製品】” カリカリマシーンECO “ カリカリマシーンシリーズに、少量&多回給餌モデルが登場!最小単位は約5g、1日6回の設定可能。食事制限ありの猫にもぴったり。

2019/02/21 参考価格について記事を修正しました

こんにちわー、ムギンヌです

類似品含め、気が付くと新しい製品が出ている自動給餌器業界ですが、いつものようにラインナップを眺めていたら、気になる製品を発見したのでピックアップしてみます。

食べたいときに猫が自分でエサを出せるキカイは発売された?
されても買いません…

タイマー式自動給餌器 カリカリマシーンECO

「カリカリマシーン」というシリーズで、自動給餌器を販売している「うちのこエレクトリック」さんから、いつのまにか新しいモデルが発売されていました。

なぜか公式HPにはこの機種の情報が更新されていませんが… 楽天市場店の商品ページには、詳細が載っています。

 

うちのこエレクトリック楽天市場店↓

うちのこエレクトリック
公式HP

 

 

少量&多回給餌モデルになって新登場

少量単位給餌専用カリカリマシーン登場!といううたい文句どおり、給餌単位が、これまでの10gから、5g単位に変更されました。給餌回数も1日6回と、従来機より2回も多くなりました。

●きめ細かい設定で安心!
ごはんの量は、約5g単位で8段階調節が可能!
一度に与えるごはんの量をよりこまかく、よりコントロールしやすくなりました。
一日に6回設定できるので、食べすぎを防ぎます。外出も安心!

これは本当にありがたい!

2台使いまでして給餌回数を増やしている我が家には、6回までいけるのはかなり魅力的です。5グラムからいけるのから、マックスの6回で使っても、エサをあげすぎてしまう心配もなさそうです。

 

手元リモコンで操作がラクラク

●手元リモコンで設定しやすい!
お手元リモコンで大きな文字が見やすい。
本体を覗き込む必要がないから、設定もラクラク♪

スマホ連携がないタイプなので操作は本体のボタンだと思ったのですが、この製品にはなんと「手元リモコン」なるものが付いているようです。

同梱されている専用USBコードで接続して操作するようです。離れたところで操作できるというわけではないですが、本体をのぞき込んで設定しなくてよいようです。面白い。

 

本体、電源コードのホワイト化が嬉しい


デザインも一新されて、ボディカラーも、インテリアの邪魔をしないホワイト一色に!地味に嬉しいのが、電源コードの色もちゃんと白になったことですね。これまでは黒でした。

もちろん機能性がアップしたことも素晴らしいんですけどね。

 電源コードにメタルコード採用!
留守中のいたづらや噛み千切りによる感電事故防止!

デザイン全体も、シュッとしましたよね。シュッと。いやー、オールホワイト化は、室内に出しっぱなしになることを考えるととてもありがたいです。素敵です。

 

ステンレス製のフードトレイが衛生的

●ステンレスのお皿で衛生的に
フードトレイは二層式。
ゴハンが触れるところだから、ステンレスのトレイで衛生的に♪
同じ形のステンレスのトレイが上にぴったりはまっているから、ずれたりもしません。

フードトレイはステンレス製になっています。衛生的でとてもいいですよね。

以前にも、アタッチメントとしてステンレストレイが別売りされていましたが、こちらは最初から付いているようです。もちろん取り外して洗えますのでいつでも綺麗にしておいてあげられますね。

 

実際のフードでテスト済の細やかさが好き

猫のカリカリもメーカーによってサイズや形はバラバラです。給餌単位は、約5g単位ですが、実際どれくらい出るのかはバラバラです。

飼い猫のフードの大きさに合わせて給餌量をきちんと測ってあげることは大切ですが、あらかじめいろいろ試してくれてるのは嬉しいですね。

実際のフードでテストしました!
店舗などで実際に販売されているフードでテストしました。
※各フードはそれぞれ手動給餌で1ポーションを出した数値です。
※各フードごとに10回以上テストをした結果の数値です。
※フード推奨形状は、直径1.3mm以下の丸型です。

※重要※
フードの大きさや重さによって、1ポーションの給餌量は出すたびに、大きく変化することがあります。1ポーションの平均が取りづらいときは、実際に給餌したいポーション数で何度か出して、給餌量の平均をご確認ください。また適時、詰まりなどもご確認ください。

 

フード切れを点滅でお知らせしてくれる


自動給餌器に全面的にお任せしていると、心配なのが予期せぬフード切れ。まだまだあると思っていたら意外と少なくて、出かける直前に気づいて焦ることもあります。

こちらのカリカリマシーンECOは、フードが無くなると本本体正面の青いLEDインジケーターが点滅して知らせてくれるようです。まぁ、欲を言えば、無くなりそうになった段階で教えてもらえるともっと良いですけどね。

 

日本メーカーによる保証が1年間


ルスモを修理に出したことがある我が家なので、「自動給餌器は、修理が必要になることもある」というのを実感しています。

海外販社が扱っていることも多い自動給餌器ですが、こうやって日本メーカーのサポート受けられるのはやはり安心です。

 

販売価格は、9,680円(2019/02/21現在)

お値段は、楽天・Amazonともに9,680円です。(2019年2月9日現在)

(2019/02/21追記)
記事をUPしたときは、「8,900円」と書いていたのですが、記事を書いてしばらくして販売ページを見直してみたら価格が上がっていました。。Amazonも楽天も何度も確かめて書いたつもりだったのですが… 税抜きだったにしてもた合わない数字ですよね。。謎。。。単なる私の思い違いでしたら、大変失礼いたしました。

スマホ連携無し、カメラ無しなので、一万円以下は妥当ですね。ルスモやDopet等の廉価モデルに比べるとお高めですが、5g&6回というのは魅力的…

すっきりしたオールホワイトデザインも好みなので、ありだと思います。いろいろ試してみたいなぁ。って、自動給餌器ばかり家に溜まってしまう…